あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

オイルクレンジングカテゴリ

MIGACのオイルクレンジングおすすめPICK UP

オイルクレンジング関連アンケート

オイルクレンジングのクチコミ・レビューをまとめました

【1】オイルクレンジングとは?

オイルクレンジングは様々なクレンジグ剤の中で最も洗浄力に優れています。
私たちが使うファンデーションはほとんど油で出来ています。油は水をはじく性質があるので、油(オイルクレンジング)で落とすことが効果的です。
メイクをして汚れが落ちきれていないと肌トラブルに繋がりますので、濃いメイクをする人や毛穴に汚れが詰まってしまう人に非常におすすめです。また、毛穴が詰まっていると皮脂の分泌が過剰になりやすく、メイク崩れや毛穴の拡大にもつながります。

【2】オイルクレンジングの正しい使い方

オイルクレンジングは洗浄力が強いので、たくさん使いすぎるのはNGです。
その日のメイクや肌の調子に合わせて使うのがおすすめです。
以下オイルクレンジングの正しい使い方になります。

用法容量を守って使う
各メーカーによってオイルクレンジングの使い方や使う量などが指定されていると思いますが、メーカーが出している表記が1番適切ですのでそれを守って使いましょう。

重ねメイクの時は少し多めに使おう
日焼け止めをして、下地をつけて、リキッドファンデをつけて、パウダーをつけて…と重ねメイクをしているとちょっとやそっとでは落ちてくれません。
そういう日にはオイルをたくさん取って優しく馴染ませながら洗いましょう。

擦るのは厳禁
クレンジングの時に限らず肌をゴシゴシするのは絶対NGです。
肌を擦ると、肌の表面を傷つけてバリア機能が低下してしまいます。メイクを落とす時にやってしまいがちなゴシゴシですが、あくまで馴染ませて浮かせて落とすことを意識しましょう。

【3】オイルクレンジングの正しい選び方

オイルクレンジングはかなりの界面活性剤が入っています。
界面活性剤とは「油と水」を分解する成分で、これがたくさん入っていると洗浄力が強くなります。しかし、いい面もあれば悪い面もあありこの界面活性剤がたくさん入っていると肌を傷つけて、余分な皮脂までも落としてしまします。
それゆえ乾燥肌を招き、肌トラブルにつながっていきます。

界面活性剤の量をチェック
オイルクレンジングを選ぶ時のポイントはこの界面活性剤の配合量を見ましょう。
より少ない方が肌に優しいということになります。また、「濡れた手でも使える」というオイルクレンジングには注意が必要です。こういうものには界面活性剤が大量に入っている場合が多いので避けましょう。
最近ではこの界面活性剤を使用していないオイルクレンジングも売られているので試してみるのもいいですよ。

自分の肌質に合わせる
オイルクレンジングを使うとすぐに肌が乾燥してしまう、毛穴の汚れが落ちないなどという人は肌に合っていないオイルクレンジングを使っている場合が考えられます。
それには「無添加」「無香料」「アルコールフリー」「パラペンフリー」などの無駄な成分が入っていない低刺激のものを選びましょう。

オイルクレンジングQ&A

Q オイルクレンジングって肌に悪いって本当ですか?

A 悪いものといいものがあります。
オイルクレンジングは洗浄力が強力な分、皮膚の余分な皮脂や角質を落としすぎてしまう可能性があります。
しかしオイルでも界面活性剤が不使用であれば肌への負担を軽減することができます。
以下オイルクレンジングのメリットとデメリットになります。
メリット
・どんなに濃いメイクでもきちんと落とすことができる
・アイメイクも擦らず落とせるので色素沈着しにくい
・毛穴の奥まで洗えるので化粧品の残留による肌トラブルを防げる

デメリット
・界面活性剤の配合量が多いものは肌への負担が大きい
・やりすぎると肌の油分まで落としてしまうので乾燥しやすい

これらを理解して自分の肌や化粧に合わせて使用することをおすすめします。

Q やっぱり安いオイルクレンジングってダメですか?

A 安くても大丈夫です。
ドラッグストアなどで売っている1000円くらいのオイルクレンジングでも問題はありませんが「濡れた手でも大丈夫!」というものは避けましょう。通常、油と水は混じり合うことはないのですが界面活性剤を入れることで乳化させ、油と水をなじみやすくします。しかしこの乳化剤である界面活性剤は肌の油分まで落としてしまうので乾燥を招きやすいのです。
安いものでも界面活性剤の配合量を意識すると良いでしょう。

Q 普段日焼け止めしかしていないんですがオイルクレンジングを使った方がいいですか?

A はい。
日焼け止めクリームは、透明や白ぽいものが多いのでカバー力がなさそうに見えますが、実はカバー力がとても強い化粧品の一つです。カバー力を強くするためには合成ポリマーというものを配合しなければなりません。
この合成ポリマーは水や汗に強いウォータープルーフタイプのものにはほとんど使われています。
この合成ポリマーを落とすにはクレンジング量が必要になってきます。

Q オイルクレンジングで毛穴汚れも取れますか?

A はい。毛穴汚れは化粧品の残留が大きな原因なので、洗浄力の強いオイルクレンジングはおすすめです。
中には毛穴汚れ専用のオイルクレンジングも販売されているのでそちらを試してみるのもいいかもしれません。
また、オイルクレンジングで顔を洗った後は毛穴が開きやすいので保湿を念入りにするようにしましょう。