あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

コンシーラー・部分用ファンデカテゴリ

MIGACのコンシーラー・部分用ファンデおすすめPICK UP

コンシーラーの種類

コンシーラー

ファンデーションだけではカバーしきれないシミやくまを抑えて、素肌のように美しく自然な仕上がりへ導きます。

コンシーラー・部分用ファンデを比較してみました

コンシーラー・部分用ファンデ関連アンケート

【1】コンシーラーの役割とは?

コンシーラーにはファンデーションを塗っただけでは隠すことのできないシミやくまをカバーする、顔に陰影をつけ立体的な仕上がりにするという2つの役割があります。
そしてファンデーションのタイプによってファンデーションを塗る前の下準備として使用することも、仕上げの前に気になる部分をカバーする為に使用することもできるメイク用品です。
シミやくまを目立たなくする為にファンデーションを重ね塗りすると、厚化粧というイメージになってしまいますが、コンシーラーを使うことでファンデーションを重ね塗りせずに、きれいに仕上げることができます。
また、顔を立体的に見せたい時も、チークやノーズシャドウだけで仕上げると、赤ら顔めいた印象になってしまったり、隈取りのようになってしまうことがありますが、コンシーラーをあらかじめ塗っておくことで上品なイメージに仕上がげることができます。

【2】コンシーラー使い方

コンシーラーの使い方はファンデーションのタイプによって変わります。
* パウダーファンデーションをご使用になっている場合
化粧下地を塗った後にコンシーラーをカバーしたい部分に塗り、コンシーラーを軽く押すような感じでパウダーファンデーションを塗ります。
伸ばすように塗ると、コンシーラーを塗った部分が拡がってカバーしたい部分がしっかりカバーされなくなってしまうことがあるので、パウダーファンデーションでコンシーラーを丁寧に抑えることが大切です。

* リキッドタイプ、クリームタイプ、エマルジョンタイプのファンデーションをご使用になっている場合
化粧下地、ファンデーションを塗ってからコンシーラーを塗ります。
この3つのタイプ、特にエマルジョンタイプのファンデーションはカバー力が高いので、コンシーラーをたくさんつける必要はありません。
つけすぎて厚ぼったい印象にならないよう、少しずつ抑えるように重ねて、始めに塗ってあるファンデーションと馴染ませ、肌に密着させることが大切です。
コンシーラーとファンデーションを馴染ませたら仕上げにフェイスパウダーをつけてコンシーラーのべたつき感を解消し、塗った部分が浮き出ないようにします。

【3】コンシーラーの種類と選び方

コンシーラーにはいくつかのタイプがあります。
カバーしたい部分や肌質に合わせて、使いやすく効果が高いタイプを選びましょう。
* ペンシル 
鉛筆のような形状をした油分の少ないコンシーラーで目元や小鼻のくすみなど細かい部分をピンポイントでカバーしやすいコンシーラーです。また、リップラインの補正にも使えます。
* スティック
ペンシルタイプと同じように油分の少ない硬めのコンシーラーで、細かい部分の部分のカバーに向いていますが、ペンシルタイプより広い範囲に使えるので、ニキビ跡、クマなどのカバーに向いています。また、ほうれい線のカバーにも役立ちます。
* クリーム
柔らかい質感のコンシーラーで拡げやすく、頬の赤みやくすみ、毛穴などのカバーに向いています。
カバー力はそれほど高くありませんが、自然な感じに仕上がります。
* リキッド
筆ペンのようなタイプや、先端がスポンジになっているタイプ、チューブに入っているタイプなど、色々なタイプがありますが、どれも伸びが良いことが特徴です。
クリーム状のコンシーラーよりもさらっとした質感なので、広い範囲を自然にカバーしたい場合に向いています。

【4】悩み別コンシーラーの種類と選び方

コンシーラーを選ぶうえで最も大切なことは、悩みに合わせて、最も高い効果を出せるタイプを選ぶこと、コンシーラーと相性の良い使い勝手のいファンデーションを使うことです。
カバーしたい部分に合わせて、適切なコンシーラーとファンデーションを選びましょう。

* しみ
小さなシミやソバカスをカバーしたい場合には、カバー力の高いペンシルタイプやスティックタイプのコンシーラーが向いています。
仕上げ後、コンシーラーが浮き出てしまうことの無いように、ファンデーションと同系色で少し暗めの色のコンシーラーを選ぶようにします。
ただ、ペンシルタイプやスティックタイプは伸びが悪いので、拡がっているシミであれば、クリームタイプのコンシーラーが向いています。
クリームタイプを使う場合も、ファンデーションより暗めの色味のコンシーラーを選びます。
シミの場合、パウダータイプのファンデーションと組み合わせると、仕上げ後にしみが透けてしまうことがありますので、リキッドタイプやクリームタイプ、エマルジョンタイプのファンデーションを使い、ファンデーションを塗ったとにコンシーラーを使い、フェイスパウダーで仕上げることをお勧めします。
* くま
目の下のくまをカバーしたい場合には、伸びの良いリキッドタイプ、特に筆ペンようなタイプや先端がスポンジになっているタイプで細い容器のコンシーラーが使いやすくて便利です。
* 青みがかったくまは、血行が悪いことが原因で発生するので、蒸しタオルをあてて血行を促してからメイクを始め、オレンジ系のコンシーラーを使うと効率よくカバーできます。ただし、自分の肌より明るい色のコンシーラーを使うと、くまの部分が白く浮き出てしまうので、自分の肌より少し暗めの色を選ぶことがポイントです。
* 茶色がかったくまは、メイク落としをする際にこすりすぎた、日焼けをした、目の下の皮膚が乾燥したなどの理由で発生するので、保湿効果のある成分が配合されているタイプで、イエロー系のコンシーラーが向いています。茶色のくまも自分の肌より明るめの色を選ぶと、くまが白っぽく浮いてしまうので、少し暗めの色を選びましょう。
* 黒っぽいくまは、加齢によって目の下の皮膚がたるみ、陰になってしまう為に発生するくまです。コンシーラーで完璧にカバーすることは難しいのですが、パール系や肌の色より少し明るめの色のコンシーラーを使って、ハリ感を出すことで目立たなくすることができます。
* ニキビ、ニキビ跡
* 炎症しているニキビの場合、アクネ菌がコンシーラーにつくと他の部分にニキビができてしまう恐れがあるので、アクネ菌の繁殖を抑える成分が配合されたニキビ専用の薬用コンシーラーを使います。薬用のコンシーラーはヴェージュ系だけで色数が少ないのですが、ニキビを悪化させる恐れがないので安心です。
* ニキビ跡には、スティックタイプで肌の色より少し暗めのコンシーラーが向いています。伸ばさないようにしてニキビの上に重ねてピンポイントで隠すことがポイントです。
* 赤み
肌の赤みは部分的な赤みであれば、クリームタイプでイエロー系の色のコンシーラ—を使うこともできますが、広い範囲であればグリーン系のコントロールカラーを使用することをお勧めします。
* 毛穴
* 毛穴の開きをカバーしたい場合は毛穴を埋めることのできるリキッドタイプで肌より少し明るめの色のコンシーラーをファンデーションを塗った後にたたき込むようにして塗ります。ファンデーションの前に使うと厚塗りになってしまうので注意が必要です。
* 毛穴の黒ずみをカバーしたい場合は、カバー力の高いスティックタイプのコンシーラーが向いています。少しずつ塗り、スポンジでたたき込むようにすること、肌より少し暗めの色を選ぶことが自然に仕上げるポイントです。
* ほうれい線
ほうれい線をカバーしたい場合は、リキッドタイプで、肌より少し明るめのコンシーラーを使います。
薄く塗って指でたたき肌に馴染ませるようにすると自然に仕上がります。
* 唇の血色
きれいな色の唇にしたい場合はリップコンシーラーを使います。
唇全体にリップコンシーラーを塗って、リップラインが消えるまで馴染ませ、ティッシュで押さえてから口紅やグロスを使います。

コンシーラーは選び方や使い方で自然な仕上がりになりますが、間違った使い方をすると厚化粧というイメージになってしまいます。
ちょっとしたコツを活かして上手に使い自然で美しいメイクに仕上げましょう。