あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

アイブロウペンシルカテゴリ

MIGACのアイブロウペンシルおすすめPICK UP

アイブロウペンシル関連アンケート

アイブロウペンシルのクチコミ・レビューをまとめました

アイブロウのメイク

肌質別に考えるとき、オイリーな方はペンシルタイプがお勧めです。または汗をかくスポーツなどをするときもペンシルタイプです。できればウォータープルーフのものを選びましょう。眉毛の毛を一本一本書くように丁寧に書きましょう。特に大人であれば、眉が眉尻にかけて薄かったりもするもの。そこも丁寧に書きましょう。よく街中で見かけるのですが、グイッとペンシルで一気に眉頭から眉尻を書いている方がいらっしゃいますが、あれはNGです。

●今のトレンドは?

太眉・ストレート眉・アーチ型
ストレート眉と太眉は同時に行いたい方が多いでしょう。今トレンドですし、女優さん、モデルさんの多くが、太ストレート眉です。懐かしいとお思いになる方もいらっしゃるかもしれませんね。バブルの時代に流行った眉です。でも気を付けていただきたいのが、トレンドにとらわれすぎて太すぎないことです。初めて挑戦するときは、違和感を覚えるかもしれませんが、その効果に驚かされるはずです。目が大きく見えたり、色っぽく見えたり、小顔に見えたり…そしてきりりとした太眉に「この方は、自分を持っている女性だな」という気持ちを抱かせるものです。

その作り方は、黄金比率を守ったうえで、眉山から、カーブせず、すっと横に流れるように書くことです。そして眉尻は短めに終わらせるのがコツです。

また流行しだしそうな気配がするのが、太アーチ眉。今までの細いアーチ状の眉を払しょくするものです。極端なアーチ状ではありません。若さの残るフェロモンが漂うメイクになります。

眉山は基本と一緒ですが、極端なアーチ状ではなく、なだらかなアーチ状を意識して書くことがコツです。この際も黄金比率は守ってくださいね。

これからの流れとして、トレンド眉は少し細くなりそうです。決して極端に細いというわけではなく、長く続いたトレンド、太眉を少し細く、という流れです。ストレート眉の流れは止まりませんが、中にはアーチ眉にする方も増えそうです。きりりとした自分を持った女性を演出したいのは、やはり職場などでしょう。けれどラフな場、カジュアルな場、デートなどの時はアーチ眉にするという使い分けもいいかもしれませんね。もちろんストレート眉でもチークやリップを使って、女性らしさを醸し出すのは可能ですが、眉メイクは顔の印象をがらりと変えるパーツですから、シーンによって、使い分けするという上級者テクニックをマスターしておいた方が、いいのかもしれませんね。黄金比率をマスターしたら、後のアレンジはしやすいと思うので、好きな女優さんやモデルさんの眉を見て、今日は○○さん風、などというように変化をつけるのもまた、メイクの幅が広がり、楽しいかもしれません。「今日の気分で」、「今日は仕事で大事な日だから」と言ったように眉メイクを変えるのも黄金比率を知っていたからこそできることです。