あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

フェイスパウダーカテゴリ

MIGACのフェイスパウダーおすすめPICK UP

フェイスパウダーの種類

ルースパウダー

ファンデーションの持ちを良くし、テカリなどのメイク崩れを防ぎます。ルースタイプは特に初心者さんにもおすすめ。

プレストパウダー

特に液体タイプのファンデーションの後におすすめ。メイクしたての肌をキープします。

フェイスパウダーおすすめ特集記事

フェイスパウダーを比較してみました

フェイスパウダー関連アンケート

【1】フェイスパウダーとは?

フェイスパウダーを使うとどのような効果があるのかご存じですか。フェイスパウダーの効果や特徴を簡単にご説明したいと思いますので、今までフェイスパウダーを使ったことがない方やよく効果を知らずに使っていた方は参考にしてください。

 フェイスパウダーは肌に塗るファンデーションの一種ですが、数あるファンデーションの部類の中でも最も油分が少なくまた粉分が多い種類をフェイスパウダーと呼びます。液体ファンデーションの上から仕上げとして用いられ、粉分の多いフェイスパウターを重ねることでお化粧後にお肌から出た余分な皮脂とパウダー成分が密着し先に塗った液体ファンデーションの崩れを防いでくれるのです。

 フェイスパウダーを使うことでファンデーションの持ちを良くしテカリを防止する効果や素肌のようなナチュラルな仕上がりに近づけてくれる効果があります。お化粧が崩れてきた場合にはフェイスパウダーのみを再度重ねることで重くならずに化粧崩れを直すことが出来ますし、またお肌の赤みをカバーする効果や普段お使いのチークに混ぜ自分のお肌に合う色味に近づけ使用することができるとても万能なお化粧道具の1つです。

 

【2】フェイスパウダーの使い方

では、どのように使うことでフェイスパウダーの効果を最大限に生かすことが出来るのでしょう。フェイスパウダーを使ったことがない方も分かるように詳しくご説明していきましょう。上記で挙げているようにフェイスパウダーはリキッドファンデーション以外にもクリームファンデーションなど液体のファンデーションの仕上げとして使用します。パウダーフェンデーションをお使いの方はフェイスパウダーを使う必要はありません。パウダーフェンデーションにはもともとフェイスパウダーの役割も含まれいますのでその上からフェイスパウデーを使用するとさらに粉浮きした状態になってしまします。

 フェイスパウダーを使い場合におすすめなのがパフを使用する方法です。パフを使うことでフェイスパウダーの量を調節しやすく、自然な仕上がりからしっかりカバーさせたい時など多機能に使うことが出来ます。パフでフェイスパウダーをのせる場合はパウダーをパフに付けてから1度パフを揉むようにしパフ全体にパウダーが均一に付くようにします。その後顔にのせていきますが、垂直に肌にのせるのではファンデーションに押し当てているのと変わらず化粧崩れ防止の効果が薄れてしまいます。ポイントとしてはお顔の産毛に逆らうように下から上に乗せていく事です。産毛の下からフェイスパウダーをしっかりのせていく事で密着効果を高める事ができるのでお化粧の持ちもさらに良くなります。小鼻や目元など細かい部分にはパフを折り丁寧にフェイスパウダーをのせていきましょう。フェイスパウダーをしっかりのさせたい場合はこれを数回繰り返すことでカバー力を増すことが出来ます。

 ブラシを使用しフェイスパウダーをのせる場合はブラシにパウダーを馴染ませた後にケースなどを利用し余計なパウダーを払うようにしましょう。ティッシュにブラシを使い軽く撫でるようにしても良いでしょう。余計なパウダーが落ちたらお顔にのせていきますが、ブラシは垂直に持ちくるくると円を描くように優しく馴染ませます。目元や小鼻の周りはブラシの場合とても簡単にのせていく事が出来ます。

 フェイスラインは軽くぼかすように首元に向かって馴染ませるとこで肌の色が均一になりより自然な仕上がりになります。また目元や口元は最後にのせることで化粧浮きしない綺麗な仕上がりになります。最後にフェイスパウダーをのせ終わった後で大きめのブラシを使い1、2回程度付けすぎたパウダーを払うと粉浮きせずに自然な肌質になります。

【3】フェイスパウダーの種類と選び方

フェイスパウダーにはルースパウダーとプレストパウダーの2種類があり、ルースパウダーは粉状のフェイスパウダーのことを差します。パフやブラシでパウダーの量を調節しながら使うことができますのでより薄づきに仕上げる事が出来ます。プレストパウダーは名前の通りフェイスパウダーが固められた状態の物を差し、パフやブラシに付く粉の量が多くなりますのでしっかりとフェイスパウダーをのせたい方向けです。

 フェイスパウダーにはカラーがあり自分に合うカラーや自分が理想とする肌に近づけるような物を選ぶことでより綺麗なお肌に仕上げてくれます。では早速フェイスパウダーにはどのようなカラーがあるのかご紹介しましょう。

*ルーセントタイプ(透明感)

 一般的にどの肌色にも合うのがルーセントタイプのフェイスパウダーで透明感を引き出しナチュラルな仕上がりになります。もともとお肌に自信がある方や自然なお化粧を心がけている方にオススメのフェイスパウダーで、フェイスパウダー初心者さんにおすすめなのがこのタイプです。

*オークル、ベージュタイプ 

 肌の色に合わせて選ぶことでカバー力が上がります。フェンデーションを使わない時に下地の上からやBBクリームの上からのせることでとても自然な仕上がりになります。ナチュラルメイク派の方にオススメのフェイスパウダーです。

*ピンク系 

 日本人の肌によく合うと言われているのがピンク系のフェイスパウデーで美白に見せてくれる効果や血色をよく見せてくれます。白浮きしづらいのでお化粧が苦手な方でも取り入れやすフェイスパウデーです。

*パープル系 

 最近注目を集めているのがパープル系のフェイスパウダーで美白肌を強調したい方にオススメです。くすみをカバーし肌の血色を良くする効果がありますが、付けすぎると白浮きの原因になりますので軽くのせるように注意しましょう。フェイスパウダーに慣れてきたり色々試してみたい方におすすめのフェイスパウダーです。

*ラメ入りパウダー 


 ラメが入っていることでお肌に光沢感が出せ若々しい印象になります。マットな仕上がりのリキッドファンデーションでは少し落ち着きすぎてしまう場合などにご使用をおすすめします。粒子の細かいフェイスパウダーほど自然なツヤを出すことができ粒子が大きめのフェイスパウダーは結婚式やパーティーなど華やかな席にむいています。