あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

ヘアグッズカテゴリ

ヘアグッズのおすすめキーワードで絞り込む

MIGACのヘアグッズおすすめPICK UP

ヘアグッズの種類

ヘアケアグッズ

へアアイロン・ドライヤー・ヘアブラシなど

ヘアグッズ関連コラム

ヘアグッズ関連アンケート

【1】ヘアケアグッズの種類

様々なヘアケアグッズが溢れた昨今、髪の毛の長い方から短い方まで様々なヘアケアグッズを用いて日々のスタイリングをされている

と思います。
なりたいスタイルを作るためのヘアケアグッズを選ぶのは簡単ですが、髪の毛の傷みや抜け毛にお悩みという方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか。
そんなお悩みを解消する、髪質や用途に合わせたヘアケアグッズを、効果と使い方を含めて紹介していきます。
①ドライヤー
・ノーマルドライヤー
最も一般的な、温風、冷風の切り替えができるタイプのドライヤー。
これは、しっかりと髪の毛の根元から乾かすこととブローに適したドライヤーです。
・カールドライヤー
筒形のドライヤーにヘアブラシが付いているタイプのドライヤー。
これは、髪の毛をとかしながら一本一本を乾かしていくことができ、一般的なノーマルドライヤーとヘアブラシを両手に持ってブローする手間が省けるドライヤーです。
両手を使ってのブローが苦手という方にも適しています。
・マイナスイオンドライヤー
一般的なノーマルドライヤーと同様に温風、冷風が出る吹き出し口とは別に、マイナスイオンが出る吹き出し口も備わっているタイプのドライヤー。
これは、髪の毛を乾かすのと同時に、髪の毛全体にマイナスイオンが吸収され、ツヤと潤いのあるヘアスタイルに仕上がります。
単に乾かすだけではなく、乾かしながらヘアケアをしたいという方に適しています。
・ナノイオンドライヤー
マイナスイオインよりも、ミネラルを多く含んだマイナスイオンが出るタイプのドライヤー。
マイナスイオンよりも粒子の大きいナノイオンは、蒸発しにくく、髪の毛により一層ツヤと潤いを与えます。
髪の毛の傷みが気になる方に適しています。
・温冷自動切り替えドライヤー
一般的なノーマルドライヤーのように、手動で温風、冷風の切り替えをするのではなく、温度感知器が自動で切り替えてくれるタイプのドライヤー。
熱によるダメージから髪の毛を守ってくれます。
傷みの少ない健康的な髪の毛を保ちたい方に適しています。
・頭皮ケアドライヤー
頭皮の適温といわれる60度の温度を保つタイプのドライヤー。
適温でしっかりと髪の毛を乾かしながら、頭皮の乾燥を防ぎ地肌ケアができます。
頭皮の乾燥が気になる方に適しています。

②コテ
一般的によく使用されている130度から200度の19㎜、26㎜、32㎜、38㎜を紹介します。
・19㎜
ショートヘアの方に適した細いコテ。
軽いクセ付けと時短スタイリングに適しており、温度調整によって緩めのカールを作ったり、毛先を遊ばせるといったスタイリングを作ることができます。
・26㎜
ミディアムヘアに適した中細のコテ。
髪の毛全体にふんわりとした自然なボリュームを作り、毛先を軽く巻くスタイリング作りにも適しています。
コテ自体を動かして、縦巻き、横巻きとスタイリングを楽しむこともできます。
・32㎜
ミディアムヘアからロングヘアに適した中太のコテ。
トップから毛先までをしっかりと巻き、華やかなスタイリング作りに適しています。
内巻き、外巻きと自由自在にスタイリングを楽しむことができます。
・38㎜
ロングヘアに適した極太のコテ。
髪の毛全体に緩めの大きなカールを作り、軽やかでふんわりとしたスタイリング作りをします。
毛先だけしっかりと巻くスタイリングにも適しています。

③ストレートアイロン
髪の毛の一本一本を伸ばし、ストレートヘアを作るだけのヘアアイロンだと思われがちですが、コテの動かし方次第で毛先にカールを

つけたり、全体にウェーブをつけることもできます。
高温から低温まで細かく調整することができ、カールアイロンとストレートアイロンの2WAYタイプのものもあり、スイッチの切り

替え一つでストレートヘアとカールケアのスタイリングを楽しむことができます。
・シングルヒーター
髪の毛を挟む部分のプレートが小さいヒーター。
ほとんどのストレートアイロンがこのタイプであり、プレート中心のみが熱くなります。
プレートの隅々まで熱くなるまでに時間がかかるので、髪の毛へのダメージを最小限に抑えたい方に適しています。
・ワイドヒーター
シングルヒーターと対照的に幅広いプレートのヒーター。
ヒーター全体に熱を伝えるのが早く、短時間で綺麗なストレートヘアを作ることができます。
大きなプレートが付いているので、重さがありテクニックが必要なので、プロのヘアメイクアップアーティストさんや美容師さんに多

く使われています。
綺麗なストレートヘアをキープしたい方に適しています。
・ダブルヒーター
ヒーターが2つ付いています。
これは、高価なストレートアイロンに多く見られる構造で、プレートの温まりの速さに特化しています。
時間をかけずに効率的にストレートヘアを作ることができます。
崩れ知らずのストレートヘアを作りたい方に適しています。

④ブラシ
・ブラッシングブラシ
髪の毛に付いたホコリや抜け毛を落とし、頭皮の脂を髪の毛全体に伸ばして頭皮の血行促進をします。
一般的に、最も広く使われているブラシでしょう。
電動タイプのブラッシングブラシは、さらに頭皮の血行促進に効果があります。
・スケルトンブラシ
銭湯やビジネスホテルなどのアメニティとして多く使われているブラシ。
ブラシの先が粗く隙間が多いのが特徴です。
そのため、髪の毛同士の摩擦、静電気が発生しにくく、濡れた髪にも手ぐし感覚で使え切れ毛を防ぎます。
ロングヘアやくせ毛でも簡単に整えることができるので、髪の毛の量が多い方や髪の毛同士が絡まりやすい方に適しています。
・ロールブラシ
円柱型で360度にブラシが付いているタイプ。
ドライヤーを使ったくせ毛直しやブローに適しており、カールヘアだけではなく、ストレートヘアのスタイリングにも役立つブラシで

す。
ブラシ部分が細いものはカール作りに、太いものは根元からのくせ毛伸ばしに適しています。
ドライヤーの熱を使ってスタイリングすると、自然な仕上がりになります。
・クッションブラシ
ブラシ部分の中央が盛り上がっており、頭部や頭皮に当たりやすく作られたブラシ。
ブラシ自体に弾力性があり、髪の毛と頭皮にも優しいのが特徴です。
頭皮のマッサージ効果もあり、髪の毛をブラシで傷める心配もないので、髪の毛の一本一本が細い方、毛量の少ない方、髪の毛全体に

ボリュームを持たせたい方に適しています。
洗髪前に、髪の毛に付いたホコリや汚れ、抜け毛を落とすことにも効果的なブラシです。
・デンマンブラシ
上記で紹介したクッションブラシとよく似た形状をしていますが、こちらはクッション性が低いのでブローに適しています。
ストレートヘアの方や毛量の多い方、髪の毛全体のボリュームをダウンさせたい方がブローによってスタイリングしやすいブラシです


・パドルブラシ
大きく広い面の多いパドルブラシは、ブラシの目が適度に粗いため抜け毛防止に効果があります。
短時間でのブラッシングブラシに適しており、大きく頭皮に触れるのでマッサージ効果も発揮します。
・獣毛ブラシ(天然毛ブラシ)
髪の毛や頭皮への辺りが柔らかいので、ダメージを受けにくいブラシ。
耐熱性があり、静電気も起こりにくく、ブラシの一本一本が頭皮までしっかりと届くため血行促進に効果的です。
力を入れずにゆっくりと繰り返しブラッシングすることで、髪の毛全体がまとまり、ツヤが出て傷んだ髪の毛も守ります。
絡まりやすいエクステンションやウィッグなどの人工毛、人毛のケアにも適しています。
獣毛ブラシには猪毛と豚毛があります。
猪毛ブラシは、弾力があり髪の毛にしっかりとかかります。希少なので高価なものが多く、丈夫で硬い毛が髪の毛を健康的にケアして

くれます。
豚毛はブラシは、古くから愛用されておりコシのある密度の濃い毛が特徴的です。
軟豚毛ブラシというものもあり、これは白豚毛と黒豚毛の混合で普通の豚毛よりも柔らかく、頭皮と髪の毛への辺りが優しいものです


・ナイロンブラシ
ブラシの一本一本が頭皮までしっかりと当たり、髪の毛全体のボリュームアップに適しています。
サッと水洗いもでき、取り扱いも簡単です。
髪の毛に付いたホコリや汚れ、抜け毛をしっかり落としてくれる効果がありますが、ナイロンなので静電気が起こりやすいため髪の毛

を傷めやすい難点もあります。
ですので、静電気防止の効果もあるナイロンブラシを選ぶと髪の毛を静電気による痛みから守れるでしょう。
・樹脂製ブラシ
樹脂は熱伝導率が高いため、ドライヤーを使ったブローやスタイリングに適しています。
スタイリング剤や熱に強く、柔軟性はありながらも型崩れしないので、旅行や外出などの持ち運びにも便利です。
・木製ブラシ
持ち手だけではなく、ブラシ自体も木製のもの。
ブラシの目が粗く、ソフトな使い心地は頭皮に適度な刺激を与えてマッサージ効果があります。
静電気が起こりにくいので、摩擦による痛みから髪の毛を守ることができます。
・イオンブラシ
ブラシ部分がイオン加工されたナイロンブラシ。
ブラシの表面からマイナスイオンが発生し、髪の毛にツヤと潤いを与え、指通りの良い髪の毛に仕上げます。
・頭皮ブラシ
指だけでは落としにくい頭皮の汚れを、地肌を傷つけず洗い流すブラシ。
シャンプーをしながらのマッサージ効果もあり、頭皮の血行促進、むくみ解消にも適しています。
ネイルアートをしている方には、爪も頭皮も傷つけず使いやすいグッズです。

⑤カーラー
・ホットカーラー
カーラーを熱で温めてから髪の毛を巻くもの。
ヘアアイロンやコテよりも温度が低いので、髪の毛を傷めることなく火傷の心配もありません。
ホットカーラーで髪の毛全体を巻いている間に、メイクや家事など効率的に動けるのが利点です。
・スポンジカーラー
就寝前に巻いて、そのまま一晩を過ごし、朝になったらはずすというもの。
熱を使わないので、髪の毛を傷める心配がなく、ふんわりとした自然なカールを作ることができます。
前髪やサイドの、細かい部分使いに適しています。
・マジックカーラー
カーラーの表面がマジックテープになっているもの。
髪の毛がマジックテープに張り付き、クリップやピンがなくても簡単に髪を巻くことができ、ゆるやかで自然なカールをつけます。
なかなか上手に巻くことができないという方やカーラー初挑戦の方におススメです。

⑥その他のヘアケアグッズ
・シャワーキャップ
入浴時のリンスやコンディショナー、トリートメント、ヘアオイルなどの効果を高めます。
ケア用品の成分がより吸着、収着し髪の毛の内側に働きかけツヤ髪を作る手助けをしてくれます。
入浴時間が長い方や湯船に浸かっている時間を利用してケアしたい方に適しています。
・ナイトキャップ
人は、眠っている間に約20回から30回の寝がえりをうつと言われています。
パーマやヘアカラー、ヘアアイロン、紫外線からのダメージを吸収した髪の毛を、就寝時の摩擦から守ります。
抜け毛や寝癖の防止をしながら、頭皮の乾燥も防ぎ、トリートメント効果を向上させツヤと潤いのあるさらさらヘアを手に入れること