あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

リップグロスカテゴリ

MIGACのリップグロスおすすめPICK UP

リップグロス関連アンケート

リップグロスのクチコミ・レビューをまとめました

【1】リップグロスの選び方

リップグロスは、透明感のあるリキッド上の口紅で、光沢感、艶感、立体感を出すことのできるメイク用品です。
無色のタイプからさまざまなカラーのタイプまであり、自分の肌の色や口紅に合わせて選択することができます。
自分にあった色を選ぶ為には、肌の色、瞳の色、髪の色に調和する色を見つけることが必要です。
自分に似合う色のリップグロスを使うことは、透明感のある明るい印象の肌にする効果、瞳をきれいに見せる効果、くすみ、くま、しみなどを目立たなくし、若々しい印象の顔にする効果が得ることに繋がり、自分に似合わないリップグロスを使うことは、パーソナリテイー全体をちぐはぐな印象にしてしまう結果、顔の欠点を目立たせてしまう結果に繋がります。

≪色白肌の人に合う口紅の色≫
色白な肌には、青みがかった透明感のある色白な肌と、黄色みのあるふんわりとした色白な肌があります。
私はどちらかしら?と迷った場合は、日焼け後の肌の色を思い浮かべてみてください。
赤くなって、痛みを感じたりすることがある人は青みがかった透明感のある色白の肌、歩い日焼けなら皮膚がひりひりすることもなく浅黒くなる人は、黄色物あるふんわりとした色白な肌です。
また、手の甲を見た時に顔が青みがかった透明感のある色白な人は同じように手の肌も青白く、黄色みのあるふんわりとした色白な肌の人は、オレンジがかった肌の色をしています。
* 青みがかった色白な肌
青みがかった色白な肌の人の場合、淡く明るいピンク色の唇をした人多いので、くっきりとしたイメージ、華やかな雰囲気のマジェンダやフューシャ、ペールバイオレット、オーチャードなどの系列のカラーであるヴァイオレット系のピンクやレッドの口紅が似合います。このタイプでは、こげ茶や黒っぽい人いの人が多いので、髪の色も暗めにしている人が多いこととは思いますが、上記のカラーの中から、さらに髪の色に似合う色を選びます。黒い髪の場合は、ヴァイオレット系の中でも、ピンクやレッドに近い色であれば、濃いレッド系のカラーでも、淡いピンク系のカラーでもが似あいます。茶色い髪の場合、明るい茶色になればなるほど淡い色の方が似あいます。明るいブラウン系の髪で濃い色を選ぶと、清潔感を損なう雰囲気になってしまうので、慎重に色を選ぶことが大切です。
* 黄色みのあるふんわりとした色白な肌
黄色みのあるふんわりとした色白な肌の人の場合、オレンジがかったピンク色の唇をした人が多いので、柔らかく優しげな印象のライトな感じの色、ピンクやコーラル、サーモンなどのオレンジ系のピンクが似合います。このタイプでは、明るいブラウン系の瞳をした人が多いので、髪の色もブラウン系にしている人が多いことと思いますが、髪の色に合わせて上記のカラーの中からさらに髪の色に似合う色を選びます。黒い髪や濃いブラウンの髪であれば、オレンジ系のピンクの中でもオレンジやレッドに近い鮮やかな色、明るいブラウン系であれば、オレンジ系のピンクの中でもピンクに近い色が似あいます。柔らかい色、軽やかな色を意識して撰びましょう。

≪濃い目の肌の人に合う口紅の色≫
濃い目の肌には、頬に赤みのあるタイプと、頬に赤みの無いタイプがあり、どちらも白みがかったピンク色の唇をした人が多くいます。
* 頬に赤みのあるタイプの濃い目の肌
頬に赤みのあるタイプの濃い目の肌の人には、ヴェージュ系やオレンジ系のピンクが似合います。このタイプの人にはこげ茶や黒の瞳をした人が多いので、暗めで落ち着いた雰囲気のブラウン系の髪の色にしている人が多いことと思いますが、明るめのブラウンにしている場合には、ヴェージュ系やオレンジ系のピンクの中でも淡い色を選ぶようにしましょう。
* 頬に赤みの無いタイプの濃い目の肌
頬に赤みの無いタイプの人には、柔らかい印象でありながら少しくすんだフューシャやローズなどのピンク系、クリムゾン、マルーンなどのレッド系の色が似あいます。このタイプの人には柔らかい印象の黒い瞳をした人が多いので、髪の黒も黒や濃い目のブラウンにしている人が多いことと思いますが、明るめのブラウンにしている場合には、赤に近いオレンジ系のカラーの中からソフトな雰囲気の色を選びましょう。

【2】リップグロスの上手な塗り方

* リップグロスを口紅の上に重ねる場合のリップグロスの上手な使い方
リップクリームで保湿した後、リップライナーで上唇の山→下唇のライン→上唇の山と下のらいを繋げるという手順で唇の輪郭を描き、紅筆を使って口紅を塗るのですが、リップグロスの持ちを良くする為には、口紅の塗り方がポイントです。厚く塗りすぎないように気をつけ、塗り終わった後にテイッシュで唇を抑えて余分な油分を取り除きいてから再度口紅を塗るのが色落ちを防ぐコツです。そして最後にリップグロスを塗ります。始めに下唇の中央にのせ、両側に向かって伸ばします。中央が最も厚くなるように伸ばすと立体感が出てボリュームのある唇を演出できます。口角が下がっているのが気になる人は、両側に向かって伸ばしていく際に口角の手前からはごく薄く伸ばすようにします。上唇には少量のグロスを薄く伸ばします。

* 自然で瑞々しい唇を演出したい場合のリップグロスの上手な使い方
自然な感じに仕上げたい時は、口紅を塗らずにリップグロスだけで仕上げることもできます。この場合にも、始めにリップクリームを塗って唇を保湿しておくことを忘れないようにしましょう。リップクリームを塗った後は、リップペンシルを使って輪郭をくっきりさせ、最後に唇の中心から両端に向かってリップグロスを薄く伸ばします。リップグロスは唇全体に厚く塗ってしまうと、清潔感が損なわれてしまいますので、両端に向かって薄く伸ばすことに注意しましょう。

* 立体感を出したい場合のリップグロスの上手な使い方
立体感を出したい場合には、口紅がきれいに発色するようにコンシーラーを使って唇の色を消してから、紅筆を使って唇の輪郭をくっきりととった後、唇全体に口紅を塗ります。次に上唇、下唇それぞれの中央にハイライトをのせ、指で馴染ませ、最後に透明のリップグロスを塗ります。

* 深みを出したい場合のリップグロスの上手な使い方
唇に深みを出したい場合には、口紅の上に黒グロスをのせます。
赤い口紅に合わせると、深みのある大人っぽい唇を演出することができます。

* 気に入らない色の口紅を再活用したい場合のリップグロスの上手な使い方
購入したものの似合わないと思って使っていない口紅は、リップグロスを併用することで活用することもできます。
鮮やか過ぎてけばけばしい感じになってしまう…と思って使えないでいる口紅に黒グロスをのせると、けばけばしさがなくなったり、反対に顔全体がくすんだ感じになってしまう…と思って使えないでいる口紅に明るい色や透明のリップグロスをのせると、発色のイメージが変わったりします。お手持ちの口紅と組み合わせて色々な発色を楽しんでください。

リップグロスで唇を荒れをおこさない使い方
リップグロスには光沢感、艶感を出す為に口紅以上に様々な成分が配合されている為、唇が乾燥しやすく、荒れてしまうこともあります。あらかじめリップクリームを塗っておく、メイク落としの際にはしっかりふき取る、唇が荒れていると感じたら使用を中止し、医療用のリップクリームで唇のケアをしましょう。