あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

リップライナーカテゴリ

リップライナー関連アンケート

【1】リップライナーの役割とは?

リップライナーは唇の輪郭をくっきりと描く為のペンシルタイプのメイク用品です。
リップライナーは口紅やグロスより油分が少ない為、口紅を滲みにくくさせること、口紅を落ちにくくするこという特質がある他、唇の形を補正すること、唇に立体感を持たせることなど理想の唇を演出する効果があり、リップメイクをより美しく、効率的に仕上げることに役立ちます。
口紅がきれいにつけられない、すぐに落ちてしまう、口角が下がっているので口紅をつけても明るい感じにならないなどの悩みは、リップライナーを使うことで改善することができます。
リップライナーの上手な使い方をマスターして魅力的な唇を演出しましょう。

【2】リップライナーの使い方

* リップライナーを使う基本的な手順
リップメイクを始める前に、唇の荒れを防ぎリップライナーを使いやすい滑らかな状態にしておく為にリップクリームを塗ります。
リップクリームを適度な量に整える為、リップライナーを使う前にテイッシュでリップクリームを軽く抑えておくことがコツです。
リップクリームの油分が唇に残りすぎていると、せっかくリップライナーを使っても口紅の滲みの原因になってしまいます。
次にリップライナーで唇の輪郭を縁どるのですが、基本的にリップライナーは口紅の色より少し濃い目の色を使います。
あらかじめリップライナーの先端を少し丸くしておくことで滑らかにラインが描け、中央を持つよりの先端に近い部分を持って描くことが手ぶれを防ぐことができます。
ラインを描く際に、顔全体を鏡に映して自分の唇と理想的な唇の違いを確認しておきましょう。
理想的な唇のバランスは上唇の1,5倍の厚さの下唇、縦の長さの3倍の横幅の唇で、理想的な唇の幅は瞳の中央の平行線状に口角があることです。
基本的にはその基準に沿って唇のラインを引きますが、好みや悩みに合わせてリップライナーで補正します。
始めは上唇の山のラインを描きます。
上唇が薄い人やぽってりした感じを出したい場合はオーバーリップ気味に、上唇が厚さが気になる人やシャープな感じを出したい人は実際の山より内側にラインを描きます。
そして唇の厚さに関わらずふんわりした印象にしたい人は丸みを帯びたライン、きりっとした雰囲気にしたい人はくっきりとしたラインを意識して描きます。
次に下唇の底の部分のラインを描きます。
基本的には唇の底辺の盛り上がっている部分よりほんの少し外側にラインを描きますが、唇の大きさが気になる人は、気持ち内側にラインを描きましょう。
次に山と口角→底辺と口角の順でラインを繋げ、口をアルファベットのOのような形に開けて口角の隙間を埋めます。
この時に唇を小さく見せたい場合は口角をくっきりさせるとすっきりした感じに仕上がります。
輪郭だけが不自然に浮き出ないよう、リップライナーで描いたラインは紅筆を使って内側に向かってぼかしてから口紅を塗ります。
* 唇の形を補正したい場合のリップライナーの使い方
≪口角が下がっている≫
口角が下がっているのが気になる場合は、口角の周りにあらかじめコンシーラーを塗って馴染ませておき、口紅より濃い目の色のリップライナーで下唇の口角の少し外側にラインを描きます。リップライナーのラインで口角が上がり、コンシーラーで口角の下のくすみが解消されるので、きゅっと上がった唇に仕上がります。
≪唇をふっくら見せたい≫
唇をふっくら見せたい場合は、上唇の山より外側にラインを引き、口紅を塗った後、リップグロスを唇の中央を中心にのせます。リップグロスは両端まで塗り拡げてしまうとだ射しない雰囲気になってしまうのでつけすぎないように気をつけましょう。白っぽいリップライナーやパールの入ったリップライナーを使って上唇の山や下唇の底辺にアクセントをつけると、よりふっくら感が増します。
≪ぽってりした唇に見せたい≫
ぽってりした唇にしたい場合には、上唇の山と下唇の底辺に丸みが出るように、口角を上げ、実際の口角より外側にラインを描きます。パールの入った口紅を使うとよりぽってり感が出ます。
≪小さな唇に見せたい≫
唇を実際より小さく見せたい場合には、コンシーラーで唇の輪郭を消しておき、実際の唇の輪郭よりも内側にラインを描きます。コンシーラーを塗っておくと口紅の発色も良くなるので、淡い色の口紅を使う場合は輪郭だけではなく、唇全体に塗っても効果的です。
≪ナチュラルな雰囲気の唇にしたい≫
口紅の色より少し薄めのリップライナーを使うと柔らかで自然な感じに仕上がります。
また、口紅の色とほぼ同じ色のリップライナーを使って上唇の山とした唇の底辺の中央だけに部分的にラインを引くときちんと感のある自然な雰囲気に仕上げることができます。
* 口紅を落ちにくくさせたい場合のリップライナーの使い方
口紅を落ちにくくしたい場合には、リップライナーでラインを描くところまでは基本の使い方と同じなのですが、その後が少し違います。
ラインを描いた後に唇全体をリップライナーで塗りつぶすのです。
その後に紅筆で口紅を塗り、ティッシュで唇を抑えて余分な油分を取り除いた後、もう一度紅筆を使って口紅を塗るという方法です。
口紅の後にグロスをのせる場合、グロスは口紅を落ちやすくするので口紅が落ちるのが気になる人はグロスの量を少量に抑えましょう。

【3】リップライナーの選び方

* リップライナーの選び方…色
リップライナーの色は、お使いの口紅の色と同系色を選ぶことが基本ですが、仕上げたい唇の雰囲気や、好みに合わせて効果の出しやすい色を選びましょう。
≪ナチュラルな感じに仕上げたい場合≫
口紅と併用する場合はお手持ちの口紅とほぼ同じ色、又は少しだけ濃い目の色、リップライナーだけで仕上げる場合は、唇の色、肌の色に馴染みやすい色を選びます。
≪くっきりした口元を演出したい場合≫
お使いの口紅より濃い目の色、暗めの色のリップライナーを選びます。
≪唇をふっくら見せたい、立体的に見せたい場合≫
お使いの口紅と同系色でパールの入ったリップライナーを選びます。
≪個性的な唇を演出したい≫
パーティ—などで個性的なムードを演出したい時には、あえて反対色やお使いの口紅よりかなり濃い色、薄い色などリップライナーが際立つような使い方もできます。
* リップライナーの選び方…タイプ
リップライナーにはきわめて細く描けるタイプや柔らかな感じに描けるタイプがありますので、唇の輪郭をどのように描きたいかということに合わせてタイプを選びます。
≪細いラインを描きたい場合≫
細いラインを描きたい場合にはペンシルタイプのリップライナーが向いています。ペンシルタイプはリップライナーの中で最も油分が少ないので、より口紅が滲みにくくなるというメリットもあります。芯先を細く削れば削るほど好みに合わせて細く描くことができますが、このタイプはかなり硬めなので尖らせすぎると唇に引っかかって滑らかにすべらず手ブレの原因になってしまうので、ご注意ください。
≪ソフトなラインを描きたい場合≫
ソフトなラインを描きたい場合はクレヨン型のリップライナーが向いています。ペンシルタイプに比べると柔らかい質感なので滑らかに描くことができますが、細かい補正には向いていません。
≪ペンシルほど細く描けなくても良いので滑らかに細いラインが描きたい、補正をしたい場合≫
細いラインを描きたいけれど、ペンシルタイプは描きにくい、かと言ってクレヨンタイプでは細かい補正ができないと感じている場合には、繰り出し式のペンシルライナーが向いています。ペンシルタイプとクレヨンタイプの中間くらいの質感なので滑らかに描け、ある程度細かく補正ができます。