あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

リキッドファンデーションカテゴリ

MIGACのリキッドファンデーションおすすめPICK UP

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションを比較してみました

リキッドファンデーション関連アンケート

リキッドファンデーションのクチコミ・レビューをまとめました

【1】リキッドファンデーションとは?

リキッドファンデーションとは、他の種類のファンデーションの中でも最も油性成分が多く配合されている液状化されたファンデーションです。
美容液が配合されているものも多く、艶感と透明感のあるみずみずしい肌を作り、肌全体をしっとりと仕上げます。
リキッドファンデーションは、細かい部分にまで浸透するためシミやくすみ、赤みなど隠したい部分のカバーに向いています。
伸びが良く、少量でしっかりとフィットするのも特徴の一つです。
油性成分が多く配合されているので、脂性肌はテカりやすくメイク崩れしやすく、敏感肌の方は肌荒れを起こしやすいという難点もあります。
その反面、種類の選び方と塗り方を熟知すれば、他のどの種類のファンデーションよりも色ムラを抑えて、健康的でフラットな美肌を演出することができます。
カサついた乾燥肌にはしっとりとした液が非常に向いており、長時間のメイクからお肌の乾燥を防いでくれます。
他の様々なメイク道具やコスメを使わなくても、ファンデーションの色合いを調節して使い分けることでハイライト、シェーディングの工程をリキッドファンデーション一つで済ませることもできるといった万能性にも優れています。
パウダーファンデーションと併用して使えば、それぞれのお肌の性質に合ったメイクができるのも大きな利点です。
ただ、使う分量と塗り方を間違えてしまうとメイクが濃くなりメイク崩れしやすくなると同時にメイク直しが難しくなり、メイクオフをする際にも余計な時間がかかってしまいます。
そうならないために、リキッドファンデーションの正しい使い方、種類と選び方を肌質、肌の色を含めて紹介していきます。
「リキッドファンデーションの使い方」
リキッドファンデーションの使い方は、使うメイク道具によって様々あります。
ここでは一般的によく使われている、ブラシ、スポンジ、指の三種類の場合での使い方を紹介します。

ブラシで塗る場合


ファンデーションブラシを使う場合は、パール大ほどの大きさのリキッドファンデーションを手の甲にのせます。
この時、分量を多くのせてしまうとブラシにファンデーションがべったりと付いてしまいお肌にのせた時に厚塗りになってしまう原因になるので注意が必要です。
適量を手の甲に乗せたら、ブラシの表面にサッとファンデーションを取ります。
ブラシをお肌に向かって立てるように持ち、頬や額の広い部分からクルクルと回すようにして塗っていくのがポイントです。
クルクルと回しながら塗っていくことで、ファンデーションが全体に満遍なく伸びていきます。
塗る時は、顔の中心から外側に向かってクルクルとブラシを使っていくとムラのない美しい艶肌を作ることができます。
小鼻や口元などの細かい部位には、ブラシを横に倒して平塗りをしていくとファンデーションが行き届き、綺麗に仕上げることができます。
これらの工程をおこなうことで、お顔全体にフィットしながらも薄付の素肌感を演出できます。
リキッドファンデーション+ブラシは細かい部分までしっかりとカバーできることに特化しています。

スポンジで塗る場合


スポンジを使う場合は、平面の多い薄いタイプのスポンジよりも狭い平面と角のあるタイプのスポンジを使用するとより一層美肌を作りやすくなります。
この場合、まずリキッドファンデーションを手の甲、または手のひらにパール大の大きさでのせます。
それを指の腹を使って額、頬、鼻、顎の5点に点々と少量ずつのせていきます。
5点にファンデーションをのせたら、スポンジの平面を使ってお肌の広い部分から叩きこむようにして塗っていきます。
額や頬のように広い部分にはスポンジの平面を使い、小鼻や口周りの細かい部分にはスポンジの角を使ってトントンとファンデーションを伸ばしていきます。
全体にファンデーションを叩き込んだら、スポンジの綺麗な部分で再び全体をトントンと叩いていくのがポイントです。
このポイントでの工程は、余分なファンデーションを取り除き、後のテカりとメイク崩れ防止に繋がります。
リキッドファンデーション+スポンジはお顔全体を均一にカバーし、厚塗り防止に特化しています。

指を使う場合


指を使う場合は、指全体を使うのではなく、ひとさし指、または中指の腹の部分を使っていくと伸びが良くファンデ—ションが塗りやすくなります。
この場合は、手の平にパール大のファンデーションをのせます。
そして、指の腹を使ってそのファンデーションを手の平の上で混ぜるようにしてなじませることがポイントです。
リキッドファンデーションは人肌程度の温かさによって、更にしっとりと滑らかな触り心地に変化します。
手の平で温まったファンデーションはお肌にのせた時に、より一層伸びが良くしっかりとフィットするようになり、艶肌を作りやすくなります。
この工程を終えたら、指の腹に少量ずつファンデーションを取り、顔の広い部分から細かい部分へと点々とのせていきます。
指の腹でお顔全体にファンデーションを伸ばしていきしっかりと密着させたら、最後に顔全体をティッシュオフします。
指を使った場合では、ファンデーションが余分な油分を含めたままの状態なのでティッシュオフすることでそれらを取り除くことができます。
リキッドファンデーション+指は、お肌とお肌の体温によりファンデーションの伸びが良いという特質が生かされ、しっかりと密着することから、メイク崩れ防止に特化しています。

【2】リキッドファンデーションの種類

リキッドファンデーションを使用する上で、最も注意しなければならないのは厚塗りにならないようにすることです。
お顔全体にべったりと塗ってしまうと、素肌感のない不自然な印象に仕上がってしまい、メイク崩れとテカり、皮脂浮きを促してしまいます。
厚塗りにならないためには、ファンデーションをのせる前に化粧水、乳液のスキンケアをしっかりと行い、化粧下地をお顔全体に満遍なくのせておくことが大切です。
この工程を行うと、お肌が事前に整っていない状態のままメイクをしてしまうことになり、皮脂浮きやムラ肌が目立ってしまいます。
化粧下地までの下準備を行ったら、ここでも余分な油分を取り除くため軽くティッシュオフをして、長時間美肌が保てるようにしておくのも効果的です。
そして、上記のいずれかの方法でファンデーションをのせていき、最後はスポンジやティッシュで再び余分な油分を取り除きます。
仕上げにパウダーを薄くのせていけば、メイク崩れ防止に繋がり、メリハリのある健康的な艶肌を保つことができます。

「リキッドファンデーションの種類と選び方」
リキッドファンデーションは油成分とともに、水分も多く含まれています。
水分は時間が経過すると腐ってしまうため、防腐剤を使用して防腐加工をしています。
防腐剤はお肌に負担をかけてしまう作用があり、美容成分や保湿成分の配合が少ないものはニキビや肌荒れの原因となってしまいます。
そのため、最近ではほとんどのリキッドファンデーションに美容成分が多く配合され、ミネラル配合もされているのでお肌の負担が少なく優しいものになっています。
どのメーカーのリキッドファンデーションにも主に配合されているものは、顔料、美容成分、保湿成分、ベース成分、粉体、紫外線散乱剤です。
これらの配合作用により、お肌への負担を軽減し美しい肌作りをおこないます。
リキッドファンデーションの中でも、ここ数年で最も人気を集めているのはBBクリーム、CCクリームです。
リキッドファンデーションとBB、CCでは配合成分に大きな差はありません。
ですが、BB、CCはリキッドファンデーションに比べてお肌にのせた後の塗り心地がベタつきが少なく、サラッとしていて薄付きであるという違いがあり、更に下地やベースも一括して行えるので時短メイクをすることもできます。
素肌感を保ったお肌作りがしたい場合、時短メイクをしたい場合はBB、CCクリームを、しっかりカバーして艶肌を作りたい場合はリキッドファンデーションを使うのがおススメです。

お肌に合わせたリキッドファンデーション選びについても紹介します。

㈰乾燥肌
乾燥肌の方は、油性成分が多く配合されているものを選びましょう。液に触れたかんじはとろっとしていて、しっとりとしているものが油性成分が多いものです。
油性成分が多く配合されているものは、最も伸びが良く、潤い、保湿力に優れているので長時間のメイクでもお顔の水分を逃さずツヤっとしたままのお肌を保ってくれます。
ただ、油性成分が多いものはお肌のトラブルを招きやすいので、しっかりと美容成分も配合されたものを選ぶようにしましょう。
㈪ニキビ肌
ニキビ肌や肌荒れが気になるという方は、油性成分が少ないものを選びましょう。液に触れたかんじはとろみが少なく、伸びの良いものが油性成分の少ないものです。
油性成分が少ないことにより、お肌への負担が軽減され肌荒れをしにくくなります。
肌荒れのある方は、厚塗り厳禁ですので伸びがよく少量でカバーできるような美容成分が多く配合されているものを選ぶと、よりお肌のトラブルは改善されます。
㈫くすみ、シミ肌
くすみやシミを隠したいという方は、紫外線散乱剤が多く配合されていてSPFの強いものを選びましょう。
隠したい部分をカバーすることよりも、お肌の状態を現状から悪化させないことが大切です。
油性成分、美容成分が多く配合されているものは伸びが良くカバー力も高いので、気になる部分をしっかりとカバーしながら紫外線からお肌を守ることもできます。

【3】リキッドファンデーションの種類と選び方

リキッドファンデーションは油成分とともに、水分も多く含まれています。
水分は時間が経過すると腐ってしまうため、防腐剤を使用して防腐加工をしています。
防腐剤はお肌に負担をかけてしまう作用があり、美容成分や保湿成分の配合が少ないものはニキビや肌荒れの原因となってしまいます。
そのため、最近ではほとんどのリキッドファンデーションに美容成分が多く配合され、ミネラル配合もされているのでお肌の負担が少なく優しいものになっています。
どのメーカーのリキッドファンデーションにも主に配合されているものは、顔料、美容成分、保湿成分、ベース成分、粉体、紫外線散乱剤です。
これらの配合作用により、お肌への負担を軽減し美しい肌作りをおこないます。
リキッドファンデーションの中でも、ここ数年で最も人気を集めているのはBBクリーム、CCクリームです。
リキッドファンデーションとBB、CCでは配合成分に大きな差はありません。
ですが、BB、CCはリキッドファンデーションに比べてお肌にのせた後の塗り心地がベタつきが少なく、サラッとしていて薄付きであるという違いがあり、更に下地やベースも一括して行えるので時短メイクをすることもできます。
素肌感を保ったお肌作りがしたい場合、時短メイクをしたい場合はBB、CCクリームを、しっかりカバーして艶肌を作りたい場合はリキッドファンデーションを使うのがおススメです。

お肌に合わせたリキッドファンデーション選びについても紹介します。

㈰乾燥肌
乾燥肌の方は、油性成分が多く配合されているものを選びましょう。液に触れたかんじはとろっとしていて、しっとりとしているものが油性成分が多いものです。
油性成分が多く配合されているものは、最も伸びが良く、潤い、保湿力に優れているので長時間のメイクでもお顔の水分を逃さずツヤっとしたままのお肌を保ってくれます。
ただ、油性成分が多いものはお肌のトラブルを招きやすいので、しっかりと美容成分も配合されたものを選ぶようにしましょう。
㈪ニキビ肌
ニキビ肌や肌荒れが気になるという方は、油性成分が少ないものを選びましょう。液に触れたかんじはとろみが少なく、伸びの良いものが油性成分の少ないものです。
油性成分が少ないことにより、お肌への負担が軽減され肌荒れをしにくくなります。
肌荒れのある方は、厚塗り厳禁ですので伸びがよく少量でカバーできるような美容成分が多く配合されているものを選ぶと、よりお肌のトラブルは改善されます。
㈫くすみ、シミ肌
くすみやシミを隠したいという方は、紫外線散乱剤が多く配合されていてSPFの強いものを選びましょう。
隠したい部分をカバーすることよりも、お肌の状態を現状から悪化させないことが大切です。
油性成分、美容成分が多く配合されているものは伸びが良くカバー力も高いので、気になる部分をしっかりとカバーしながら紫外線からお肌を守ることもできます。

【4】リキッドファンデーションの正しい選び方

ここからは、お肌の色合いに合わせたリキッドファンデーション選びを紹介します。
まず、どんなタイプのファンデーションでもフェイスラインの肌の色に合わせて色選びをすると失敗しません。
ですが、リキッドファンデーションをフェイスラインにのせて選ぶと、来ているお洋服の襟元が汚れてしまったりします。
ですので、ファンデーションをのせてもサッと拭き取れる手の甲を使うことをおススメします。
ここで気を付けたいのが、手の甲の色に合わせて色を選ばないことです。
ポイントとしては、手の甲の色よりもワントーン暗めの色を選ぶと実際にお顔全体にファンデーションをのせた時に、自然になじみます。
手の甲が日焼けしているなどで、色の判断が難しい場合は、お顔の色に合う白めのものと、首の色に合う暗めのものの中間色を選ぶとフェイスラインの色合いとなじんで、失敗がありません。
お肌の色の系統に分けて、細かい選び方を説明します。
㈰色白
ベージュ系で明るい色を選びましょう。
色白の方はピンク系の色はNGです。元々の白いお肌にピンクを使用すると、白さが際立ちお顔だけが浮いた印象を作ってしまいます。
ベージュ系は色白のお肌に自然なメリハリをつけて、お顔全体をキュッと引き締めて見せる効果があります。
㈪色黒
オークルにピンク系が混ざったものを選びましょう。
色黒の方は、ベージュ系、オークルのみの系統はNGです。ベージュ系を使うと顔色が土気色になり、不健康な印象を作ってしまいます。
オークルのみの色では、日焼けをしたような不自然な黒肌を作ってしまいます。
オークルにピンク系が入っていることで、全体的に柔らかな印象を作りナチュラルなお肌を演出してくれる効果があります。
㈫中間色
日本人の方に最も多い中間色の方は、オークル系を選びましょう。
オークル系は日本人のお肌の色によくなじみ、ムラができにくい色合いになるので頻繁なメイク直しも必要ありません。
メイクが崩れてきたなと感じた頃には、塗りたてのよりワントーン暗めのお肌になっていることが多いので、メイク直しにはピンク系、もしくはベージュ系の少し明るめのパウダーでお直しをすると、メイクしたての健康的なお肌を再生することができます。
㈬黄色
こちらも日本人の方には多くいらっしゃる肌色です。
お肌が黄色がかっている方は、ピンク系のものを選びましょう。ピンク系を使用することで、健康的で血色のよいお肌を作ることができ、隠したい部分もしっかりとかばーできる効果もあります。
ベージュ系は、全体的にくすみがちでを不健康な印象を作ってしまうのでNGです。
㈭赤み色
部分的に赤みのある方は、ベージュ系、オークル系がよくなじみます。
ベージュ系、オークル系を使うことで赤みが隠れ、お肌全体に透明感を出し素肌感も演出する効果があります。
部分的に赤みの度合いが違うという方は、赤みが強い部分にはオークル系、その他の赤みが弱い部分にはベージュ系をと使い分けると、より透明感のあるお肌を作ることができます。
赤みのあるお肌にはピンク系がNGです。
ピンク系は隠したい赤みを、逆に目立たせてしまう原因になるので避けましょう。

これらの選び方で自分のお肌に合う色がないという方は、明るめのものと暗めのものをいくつか混ぜて、オリジナルの色を作ってみるのもおススメです。