あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

ニキビ(化粧水)テーマ

ニキビは化粧水で改善できるのか?

ニキビに悩まされている人は、様々なケア方法を調べているでしょう。インターネットが発達している社会なので、調べればお手入れの仕方はすぐに分かりますね。しかし、近年は色々なサイトやブログが出回るようになり、その信憑性に関しては信用できない情報も多くなっています。特に個人的なサイトやブログでの間違った情報によって、ケアに失敗している人も多くいます。

そのようになると、ニキビというのは治りにくくなってしまいますし、何より正しいケア方法が分からなくなってきます。近年巷でよくささやかれているのが「ニキビは化粧水で改善できる」という情報です。これに関しては、確かに事実だと言えますし、実際に化粧水を使うことによってニキビを解消している方もいるのではないでしょうか。ですが、少し考えてみて欲しいことはお手入れの方法の仕方です。単純に化粧水を使って治るのであれば、ニキビで悩む人はいません。原因をしっかりと根本から解消していかなければ、ケアをどれだけやったとしても無駄になってしまうことが多いです。結論から述べると、まずニキビのケアは化粧水でも可能です。しかし、根本的な原因の解消とケアの方法がとても重要となります。

では、まずニキビができる原因について知っておきましょう。ニキビというのは、毛穴が詰まることによって発生するのが主な原因だと考えられています。毛穴が詰まる原因としては、以下の通りです。

・皮脂の過剰分泌

・角化異常

・過剰なメイク

これらの行為によって、毛穴が詰まってしまうとアクネ菌やホコリなどが増殖してしまい、より大きなニキビの原因となってしまいます。実際にニキビが沢山ある、あるいはよくできるという人は、自分がニキビになるような原因を作ってしまっていないか今一度よく考えてみるようにします。

ニキビは化粧水で改善できるのか、という点に関しては「できる」と言っておきます。その一方で、根本的な原因となる生活習慣などは、確実に改善していくことをオススメします。その方が治りが早いですし、何よりニキビの再発を防止するためにも、根本的に「ニキビができにくいお肌を作っていく」ということが重要なのです。それさえできていれば、お金がかるような商品を揃えたり、無理なケアをしなくても綺麗なお肌が保てますし、化粧水をすれば常に綺麗な状態を保っていくことができるようになります。化粧水については、それぞれ使用するものによって効果も違いますので、そちらもしっかり選んでいきましょう。

ニキビ肌に向いている化粧水の選び方

ニキビ肌の方は、敏感になっていてちょっとした刺激などでもニキビが発生してしまうようになっています。ニキビが嫌だから余計にケアをし過ぎてしまうのですが、それがさらに肌を刺激してしまって、毛穴詰まりなどを引き起こしてしまうことになるのです。ニキビ肌の方は、まずは何度もケアするのではなく、最適な化粧水を最適な形で使っていくことが必要となると憶えておきましょう。化粧水の選び方を知れば、ケアはより効率的になっていくので、綺麗な肌を保つことにも役立つはずです。その点も踏まえて、考えてみるというのはいかがでしょうか。

・保湿成分で選ぶ

まず、選び方の基本となるのが保湿成分で選ぶということです。化粧水には、それぞれ保湿成分と呼ばれるものが含まれていて、商品によってそれぞれ異なります。主に含まれている保湿成分としては、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどです。これらの代表的な成分に関しては、メディアなどでも良く紹介されているので、知っている方は多いでしょう。その他、アロエエキスやエラスチン、天然保湿因子などを含んでいる化粧水は、ニキビ肌に効果的だと言えます。

・オイルやアルコールの量で選ぶ

化粧水の中には、オイルやアルコールが含まれていることも多いです。それぞれ開発しているメーカーによって異なるのですが、これが多いとその分ニキビになってしまう確率も高くなります。そもそもオイルやアルコールというのは、少量であれば肌にも良いのですが、多量に使いすぎると逆に肌をボロボロにしてしまう可能性もあります。そのため、化粧水を選ぶ時は、含まれているオイルの量、アルコールの量が少ないことを確かめて選ぶようにしてみてください。今まで使っていた化粧水などと比べてみると分かりやすいはずです。

・医薬部外品で選ぶ

化粧水を使うという時には、医薬部外品の存在も知っておくと便利です。医薬部外品の記載があるものに関しては、肌を整える効果があったり、ニキビを防いでくれる効果があったりします。それぞれ使って行けば、当然ニキビを抑えるだけではなく、肌を綺麗に保ってくれるので、効果はとても大きいと言えるでしょう。それぞれの基準をしっかり守って、自分の肌に合っている化粧水を選ぶことができれば、ニキビに悩まされることは極力なくなっていくはずです。もちろん、医薬部外品でなくても効果的なものがありますが、できればこれらのアイテムを見つけておくと便利です。

正しく化粧水で保湿する方法

「原因もしっかり把握して、化粧水の選び方もわかった」という方は、後は肌のケアをしっかりするだけです。ただ、このポイントが意外と難しかったりするので、しっかりチェックしておくようにしましょう。まず、正しく化粧水で保湿する方法として、考えておきたいのが保湿成分を角質層にしっかり届けるということです。保湿成分が角質層まで浸透すれば、肌は中から綺麗になっていきます。しかし、肌の表面にバチャバチャと化粧水を使うだけでは、正しいケアとは言いません。

保湿したい場合は、角質細胞とその周りを満たしている角質細胞脂質なので、そちらの水分を保つことが重要なのです。セラミドや天然保湿因子などによって構成されている部分なので、それらを化粧水で補っていく形にするのが良いでしょう。特にセラミドや天然保湿成分に関しては、近年含まれている化粧水も多くなっているので、それらを使って肌の水分をキープできるように使っていきましょう。肌の中まで浸透するのが分かれば、保湿にも慣れてくるので、あとはしっかり続けるだけです。

保湿をするタイミングとしては、お風呂から上がった食後が良いです。お風呂では湿気で肌がしっとりしているのですが、実は無防備な状態となっています。いわば自分の肌から水分が次々と逃げ出している状況でもあるのです。そこで放置してしまうと、やはりあまり肌に良いとは言えませんよね。だからこそ、化粧水をしっかり使って、保湿効果を高めてあげることが必要なのです。なお、化粧水を利用する時は、自分の肌を使うのが良いです。コットンなどを使う方がいますが、それだと逆に肌を傷つけてしまったり、ダメージを与えてしまったりすることもあるので、注意しましょう。

なお、肌のダメージが酷い時や乾燥が酷い時に関しては、普段おこなっているケアよりもより一層丁寧におこなっていくことが必要となります。そういう時というのは、化粧水が上手に肌に馴染まないことも多いので、保湿パックを使ってみたりするなど、いつもよりも入念にケアしていくことをおすすめします。そうすれば、より一層肌を守っていくことができるようになります。しっかり考えて使っていけばいくほど、肌は綺麗に保てるので、毎日の努力を欠かさないことが重要ですね。もちろん、忙しい方と言うのはケアしている時間もないかもしれませんが、放置しておいても良いことはないので、しっかり毎日ケアしましょう。

々と逃げ出している状況でもあるのです。そこで放置してしまうと、やはりあまり肌に良いとは言えませんよね。だからこそ、化粧水をしっかり使って、保湿効果を高めてあげることが必要なのです。なお、化粧水を利用する時は、自分の肌を使うのが良いです。コットンなどを使う方がいますが、それだと逆に肌を傷つけてしまったり、ダメージを与えてしまったりすることもあるので、注意しましょう。

なお、肌のダメージが酷い時や乾燥が酷い時に関しては、普段おこなっているケアよりもより一層丁寧におこなっていくことが必要となります。そういう時というのは、化粧水が上手に肌に馴染まないことも多いので、保湿パックを使ってみたりするなど、いつもよりも入念にケアしていくことをおすすめします。そうすれば、より一層肌を守っていくことができるようになります。しっかり考えて使っていけばいくほど、肌は綺麗に保てるので、毎日の努力を欠かさないことが重要ですね。もちろん、忙しい方と言うのはケアしている時間もないかもしれませんが、放置しておいても良いことはないので、しっかり毎日ケアしましょう。

メンターによるアドバイス