あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

リキッドクレンジングカテゴリ

MIGACのリキッドクレンジングおすすめPICK UP

リキッドクレンジング関連コラム

リキッドクレンジング関連アンケート

リキッドクレンジングのクチコミ・レビューをまとめました

【1】リキッドクレンジングの選び方(成分や効能など)

リキッドクレンジングは、高い洗浄力でしっかりメイクを落とすことができるクレンジング剤です。お風呂場で使えたり濡れた手でも使用できたりと、手軽で場所を選ばないのも特徴です。 リキッドクレンジングの主成分は「水」です。水のような液状でさらさらとしたテクスチャーで、瑞々しく爽やかな使い心地です。界面活性剤を多く含んでいるので水にも油にもよく馴染み、濃いメイクもスルっと落とします。 ちょうど、洗浄力の高いオイルクレンジングとさっぱりとした洗い心地のクレンジングジェルの中間のような存在で、その洗浄力の高さはオイルクレンジングに引けを取りません。ジェルのような手軽さも持ち合わせているので、時間がない時にしっかりとメイクを落としたい人にとっては最適なクレンジング剤と言えるでしょう。 濃いアイメイクやウォータープルーフのファンデーション、リキッドファンデーション、日焼け止めなどしっかりメイクをしている人は、リキッドクレンジングで楽に落とすことができます。また、洗い流すときに、界面活性剤の働きによってメイクや皮脂をしっかりキャッチ。不要な汚れを肌に再付着させることなく、すっきり洗い落とします。 それによって、メイクの洗い残しによる肌トラブルを軽減させることができるのです。 しかし、その高い洗浄力でメイクや皮脂をしっかり落とす反面、肌の潤いや必要な油まで奪ってしまい、乾燥ぎみに傾いてしまうことも。また、オイルのような滑りがないためゴシゴシと擦ってしまい、肌に摩擦がかかり負担になってしまうこともあります。 では、しっかりメイクを落としたい、でもなるだけ肌に負担がかからないリキッドクレンジングは、どのようなものを選べばいいのでしょうか? 最近は、洗浄力の高さをカバーするために美容液をたくさん含んでいるものや、肌に置くだけでメイクを落とせるものなど、様々な種類のリキッドクレンジングが各メーカーから販売されています。肌への負担を心配している人は、購入前にそのリキッドクレンジングの「成分」や「効能」、そして「どのように使うのか」をよく見て選びましょうね! また、メイクの濃さでパーツごとにクレンジング剤を使い分けるのもオススメです。例えば、濃い目のアイメイクやリップメイクは洗浄力の高いリキッドクレンジングを使用し、ベースメイクは洗浄力が穏やかで肌に優しいミルククレンジングやクリームクレンジングを使うなど。パーツ別でクレンジング剤を使い分けると、肌へ余計な負担がかからないのでオススメの方法です! パーツ別に使い分ける方法もそうですが、クレンジング剤は洗浄力の強いものと弱いもの、それぞれひとつずつ用意しておくとどんな時にも安心です。肌トラブルや刺激を感じる日は洗浄力の弱いクレンジング剤を、皮脂分泌が多くベタつきが気になる日は洗浄力が強いもの、といった感じで使い分けることができるので、クレンジング剤は2種類常備しておくことをオススメします!

【2】リキッドクレンジングの正しい使い方

リキッドクレンジングの魅力のひとつとして、お風呂場や濡れた手でも使用できることが挙げられます。どこでも気軽に使用できるのは大きなメリットです。 メイク落としだけのために洗面台に立つのは、誰でも面倒くさいもの。お風呂のついでにメイク落としできれば、疲れている日も、予定で帰りが遅くなって早く寝たい日も、メイク落としをさぼることなくできそうですよね! それでは、リキッドクレンジングの正しい使い方をご紹介します。肌に負担をかけることなく、しっかりメイクを落としていきましょう!

<リキッドクレンジングの正しい使い方>
① リキッドクレンジングをコットンにたっぷり含ませ、アイメイクとリップメイクに被せるように乗せます。
② 5秒ほど待ち、上から下へ滑らせるように優しく拭き取ります。 ※ちょっとメイクが残ってても、次に顔全体をリキッドクレンジングするので気にせず進みましょう
③ 商品に記載されている量のリキッドクレンジングを手に取ります。 ※濡れた手でも使えます!
④ 先に、皮脂の多いTゾーン(額から鼻にかけて)に馴染ませます。
⑤ 指を滑らせるような軽いタッチで、クルクルと円を描くように顔全体に馴染ませていきます。 ※小鼻まわりは汚れが溜まりやすいので入念に
⑥ 手に残ったリキッドクレンジングを目元に優しく馴染ませます。 ※目元は皮膚が薄いので負担をかけないよう丁寧に
⑦ ぬるま湯で少しずつ丁寧に流します。★ポイント★

★ポイント★ ぬるま湯は熱すぎても冷たすぎてもダメ! 熱すぎるお湯で流すと、肌にとって必要な潤いや油まで奪ってしまいます。かといって、冷たすぎる水はせっかくリキッドクレンジングで浮かせたメイクや汚れを固くしてしまったり、毛穴を締めて汚れを閉じ込めてしまうこともあります。必ず30℃前後のぬるま湯で洗い流すことを心がけてくださいね。 プチ情報ですが、シャワーを直接顔に当てるのも肌を痛めることがあるので良くないです。ぬるま湯は洗面台や洗面器に溜めて、少しずつ丁寧に流しましょう!

<コットンで拭き取る場合>
リキッドクレンジングをたっぷりコットンに含ませます。使用量が少なすぎるとコットンの繊維が肌に残ってしまったり、力が入りすぎて必要以上に肌を擦ってしまうので注意してください。 基本の使い方と一緒で、まずはアイメイクやリップメイクから落とし、その後顔全体をコットンを優しく滑らすように丁寧に拭き取ってください。コットンが汚れてしまったら、途中で新しいものに変えてくださいね。 リキッドクレンジングの量は、各商品に記載されている量をきちんと守ることが大切です。オイルクレンジングのような滑りがないので、少なすぎる量は摩擦の原因となります。また、洗浄力が強いので、あまり時間をかけすぎてしまうと肌への負担も大きいので、長時間じっくりと汚れを落とすというよりは、コツをつかんで効率的にメイクや汚れを落とすことを心がけましょうね!

【3】リキッドクレンジングはこんな人におすすめ

リキッドクレンジングは、高い洗浄力でしっかりメイクを落とすことができるクレンジング剤です。その洗浄力の高さはオイルクレンジングに引けを取らないほど。濃いアイメイクやウォータープルーフのファンデーション、リキッドファンデーション、日焼け止めなどしっかりメイクをしている人にぴったりのクレンジング剤といえるでしょう。 また、主成分が「水」でオイルフリーのリキッドクレンジングを選べば、マツエクを付けている人も安心してお使いいただけます。オイルの油性成分が入っていると、マツエクの接着剤を取れやすくしてしまいます。マツエクを長持ちしたい人にはオススメのクレンジング剤です。 肌がオイリー気味でベタつきが気になる人にも◎。 テクスチャーが水のようにさらさらとしているので、さっぱりとした爽やかな使い心地でとても気持ちがいいです。また、界面活性剤がメイクや皮脂をキャッチしてすっきり洗い落としてくれるので、メイクの洗い残しによる肌トラブルを軽減させることができ、オイリー気味で悩んでいる方は重宝してくれそうです。 それから、お風呂場や濡れた手でも使用できる、その手軽さはリキッドクレンジングの大きな魅力! どんなに毎日のスキンケアをがんばっていても、疲れてクレンジングをしないで寝てしまっては、その努力も水の泡になります。リキッドクレンジングは、場所を選ばず、時間をかけなくても綺麗にメイクや汚れを落としてくれるので、忙しい現代女性の頼もしい味方となってくれるでしょう。 冒頭で、リキッドクレンジングはオイルクレンジングとクレンジングジェルの中間のような存在とお話ししました。 クレンジング剤はオイルクレンジングのように洗浄力が高すぎても肌に負担になりますし、逆にミルククレンジングやクリームクレンジングのように肌を労りすぎて洗浄力が弱く、メイクが落としきれないことも肌に負担になります。 リキッドクレンジングはオイルクレンジングほどの洗浄力はないものの、正しい使い方を守れば肌に負担をかけることなくしっかりメイクを落とします。ミルククレンジングやクリームクレンジングのようにメイクの洗い残しを心配する必要もありません。落としすぎも、落としきれないことも両方心配な人には、バランス力のあるリキッドクレンジングをオススメします♪