あなたをミガク
美容情報サイト

MENU

洗顔料カテゴリ

洗顔料のおすすめキーワードで絞り込む

ここにいれるとどうなるのか?

MIGACの洗顔料おすすめPICK UP

洗顔料の種類

洗顔石鹸

洗顔石鹸は天然由来成分が多く、肌に低刺激で敏感肌でも使えるのが特徴です。

洗顔パウダー

洗浄力は強いですか保湿成分が配合されているので顔がつっぱりません。

洗顔フォーム

合成界面活性剤が使用されているため、洗浄力が強いので顔の汚れや毛穴汚れが気になる方におすすめです。

その他洗顔料

その他洗顔料をお探しの方におすすめです。まつ毛の洗浄、ガスール、洗顔パック等

洗顔料おすすめ特集記事

洗顔料関連コラム

洗顔料を比較してみました

洗顔料関連アンケート

洗顔料のクチコミ・レビューをまとめました

【1】洗顔料の選び方


クレンジング、洗顔などの落とすケアと化粧水、美容液などの与えるケア、どちらが美肌になる為に重要かご存知でしょうか。
実は与えるケアよりも正しい落とすケアの方が美肌への近道になるのです。その中でも重要な洗顔についてご説明したいと思います。

そもそも洗顔の役割とは何でしょうか。
洗顔には2つの役割があり、1つは寝ている間に分泌された皮脂や顔に付いたほこりなどを落とす役割、もう1つはクレンジングで落としきれなかったぬるつきや汚れを洗い流す役割です。
ではどちらの役割においても大切な余分なものをきれいに洗い流す洗浄力を持つ洗顔料をどのように選べば良いのでしょうか。
美肌に近付くためにはこの洗顔料選びが大事になってきます。
私たちの肌は弱酸性になっており、肌と同じ弱酸性の洗顔料は洗浄力がマイルドでさっぱりとした洗い上がりになります。
一方、アルカリ性の洗顔料は洗浄力が強くしっとりとした洗い上がりになりますが、肌への刺激も強いです。
乾燥肌の方はしっとりした洗い上がりの洗顔料を選びたくなるかと思いますが、しっとりするということは油分が含まれているということです。
油分が入っているとあとのスキンケアが肌に浸透しにくくなったり、洗い残しにつながりやすくなったりします。
油分はあとから美容液や乳液などで入れることができますし、洗い残しは肌トラブルの原因となりますから、洗顔料はさっぱりした洗い上がりのものを選ぶのがおすすめです。
そしてしっかり汚れを落としたいからと言って洗浄力が強すぎる洗顔料を使用すると、肌が乾燥してしまいます。
これは水で洗顔しただけでも流れ落ちてしまう肌本来の保湿成分が根こそぎ落とされてしまうことが原因です。
そうならない為にも個人の肌タイプに合った洗顔料を選ぶのが大切なポイントです。
おおまかには乾燥肌・敏感肌の方は弱酸性のマイルドな洗顔料、脂性肌の方は弱アルカリ性の洗顔料がおすすめです。

【2】正しい洗顔の仕方




ここで正しい洗顔の仕方をご紹介します。




【泡立てるタイプの洗顔料の場合】
1.まず手を清潔にし、顔を予洗いします。蒸しタオルなどでも良いでしょう。
2.洗顔料は適量を使用し、ネットなどを使いしっかりと泡立てます。
3.皮脂料の多いTゾーン(おでこ、鼻、あご)から泡を乗せていきます。
4.次にUゾーン(頬、こめかみのあたり)、最後に皮膚の薄い目元や口元に乗せます。
5.なるべく指に力を入れない様にくるくる肌に伸ばしていきます。この時、泡をころがすように優しく洗いましょう。
6.最後はぬるま湯でしっかりすすいでください。すすぎの目安は20回から30回です。この時、ごしごしするのではなく顔に水をかけるようにしてすすいでください。
7.タオルは柔らかいものを使用し、こすったりせず水分をタオルに吸わせるようにして優しく拭きましょう。

【泡立てないタイプの洗顔料の場合】
1.泡立てるタイプの時と同じで手は清潔にし、顔を予洗いします。蒸しタオルでも良いです
2.適量の洗顔料をまず皮脂の多いTゾーンに乗せます。
3.次にUゾーン、最後は皮膚の薄い目元や口元に洗顔料を乗せていきます。
4.なるべく指に力を入れない様に洗顔料で顔を洗っていきます。クレンジングする時のようにくるくると肌に洗顔料をなじませるように優しくしましょう。
5.ぬるま湯でしっかりとすすぎ、柔らかいタオルで水分を吸い取るように軽く拭きましょう。

自分の肌に合う洗顔料を見つけることが出来ても、洗顔方法を誤ると肌を傷めてしまうことがありますので、洗顔をする際のポイントにも触れておきましょう。
洗顔する前に予洗いや蒸しタオルをするのは肌を温めてやわらかくし、毛穴の汚れや肌表面の角質を落としやすくするためです。
また水で落とせる汚れを先に落としておくという役目もあります。
洗顔料が多すぎると洗いすぎ、少なすぎると汚れが落としきれないことによる肌トラブルにつながってしまいますので、必ず適量を使用します。
洗う際に優しくなでるようにするのには理由があります。
人間の肌は何層にもなっており、1番表面に出ている角質層はラップ1枚分ほどの厚さしかないデリケートなものであり、予洗いや蒸しタオルによって柔らかくなった状態はとても傷つきやすいのです。
間違った洗顔の仕方で多いのは必要以上に強くごしごし洗うことだと思うのですが、ラップを指で強くこするとどうなるでしょうか。
すぐに寄ってしまいますよね。
これと同じことが角質層にも起こるということは、肌がこすられることによって肌がシワになりやすくなるということです。
これを防ぐ意味で泡立てるタイプの洗顔料はおすすめなのですが、泡立てが不十分だと泡が汚れを吸着できず、毛穴に汚れが残った状態になりニキビや吹き出物など肌トラブルの原因となってしまいます。
ネットなどを使用すれば簡単にしっかりとした泡が立てられるのですが、水分が少なくても泡が立ってしまいます。
それによって洗浄成分の濃度が必要以上に高くなってしまい、洗い落とす必要のないものまで落としてしまうことで肌の乾燥を招く恐れもあります。
またすすぎ残しもニキビなどの肌トラブルの原因になりますから、特にすすぎにくい生え際やフェイスラインは注意してすすぐようにしてくださいね。
そしてもう1つ気をつけなければならないのが洗う水の温度です。
水の温度が低いと毛穴が開いてくれず、汚れが残ってしまう原因になってしまいますし、温度が高いと皮膚の保護膜(肌本来の保湿成分)まで洗い流してしまい、乾燥や肌のバリア機能の低下の原因になってしまいます。
私たちの肌の構造というのは表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっており、表皮はさらに角質層、顆粒層、有棘層、基底層からなります。
一般的にラップ1枚分の厚さの角質層が水分で満たされている状態が「肌が潤っている」状態となり、角質層の水分が10パーセント以下の状態を乾燥肌と言います。
角質層はいくつものケラチンと呼ばれる角質細胞と、その周りで細胞の隙間を埋める細胞間脂質で構成されており、この細胞間脂質と、皮脂と汗が混ざることでできる天然の保湿成分・皮脂膜とが、外部からの物質が深部へ進行するのを阻み、細胞から潤いが蒸発してしまうのを防ぐ働きをすることで肌のバリア機能を維持しています。
このことから、洗顔のしすぎが肌のバリア機能を弱めることが分かるかと思います。
そして肌の細胞は基底層と呼ばれる層の細胞が分裂し形を変えながら有棘層、顆粒層へと進んでいき、最後に角質層で役目を終えると本来速やかにはがれ落ちるものです。
この1連をターンオーバーと言いますが、洗顔方法を誤ると肌表面にいつまでも古い角質が残ることになってしまったり、逆に角質を取りすぎてしまったりします。
するとターンオーバーが乱れ、正しく角質が排出されない事でニキビや乾燥、敏感肌になってしまうのです。
つまり、洗顔で大切なのはこの皮脂膜をいかに守りながら汚れを落とし、ターンオーバーを正常に保つかということなのです。